お別れの朝

4000mの村での最後の日、もう一度ラダック伝統パン”カンビール”の作り方を教えてもらいました。以前紹介したタラと呼ばれるバターミルクを使う場合と、もうひとつ作り方があります。それは大麦のお酒チャンを使う方法です。 前日 …

Continue Reading

ローカルトイレ

夜、痒みで目を覚ましました。あてがわれたマットレスに棲息する目に見えない虫たちに全身を刺されていきます。50箇所はゆうに超えました。 思えば、パン作りは人の目で認識できない小さな菌たちの手を借りてできます。人の目に見えな …

Continue Reading

やぎとひつじ

4100mの村に着いた夕方、山羊と羊を迎えに行くというので、ついていきました。富士山と東京スカイツリーを足した高さだからなのか、71歳のアバレ(お父さん)についていくのも一苦労です。 5分ほど歩き、村人たちが集まってきま …

Continue Reading

4100mの辺境の村

ラダック・ザンスカール地方の中心地から車をチャーターして、奥地の村にやってきました。悪路が辛いなと思いながらも、数年前まで車では行けなかった村です。道ができたことを感謝すべきなのか、旅人という部外者目線で、変わってしまう …

Continue Reading

青空レストランでカンビール

(まだラダック旅の話は続きます)9月の中旬のラダック•ザンスカール地方、そろそろ観光シーズンも終わります。レストラン、ホテルの観光客相手のお店は、営業を終了する時期に差し掛かっています。妻が行きたいというレストランへ向か …

Continue Reading
パン

炭窯のパン

ラダックのザンスカール地域の中心地にあるパドゥムという町には一軒だけベーカリーショップがあります。その名をザンスカール•モダン•ベーカリーといいます。この界隈を牛耳っているパン屋さんといっても過言ではありません。 ズカズ …

Continue Reading
パン

突撃!隣のタギーシャモ

ラダック中心地のレーより、オフロードをガタガタと12時間かけて、ザンスカール地域にあるピピティンという村にやってきました。 ちなみにここは僕が9年前に10日かけて歩いたルートでもあります。とても感慨深く、そして悪路で頭は …

Continue Reading

ジュレー、ヤンゼスお母さん

ラダック伝統パンのカンビール、タルタックの作り方を習ったシェイ村のヤンゼスお母さん家族とのお別れがやってきました。8日間という短い滞在でしたが、とても良くして頂きました。パンはもちろん、一緒に小麦料理、大麦料理を作り、牛 …

Continue Reading

タルタック

長野で焼いたカンパーニュを手土産として、ラダックの人たちに渡すと皆同じようなリアクションでした。「タルタックみたいだね」 聞いてみると、”タルタック”はラダックの家庭で食べる、もうひとつのパンだということが分かりました。 …

Continue Reading